スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンチ!!

  • 2007/10/26(金) 14:00:58

まずい事になりました。
なんと骨折してしましました。
左足の小指の骨をものの見事にポッキリと。
病院の先生によると完治するまでなんだかんだで1ヶ月半だそうです。
久々の大ショックです。
一番の気がかりは愛犬たちの散歩です。
嫁ひとりでの4ワンの朝晩の散歩はハードすぎます。
あー、なんでこんなことに・・・・。

落ち着いて、落ち着いて、ここはひとつ冷静に今後の対策を考えなければ。
と思いながらブログを更新してるおバカな私なのでした。



IMG_1917.jpg















おっ、新しいおもちゃがきたぞ!





IMG_1919.jpg















なんか違うみたいよ

スポンサーサイト

散歩な日々

  • 2007/10/22(月) 15:34:19

いろいろ試しながら4ワンの散歩に行ってます。
チビ達も今は単独の方が良いみたいで、知らない人が見ると「あの人同じ犬と何回散歩に行ってるの?」って感じでしょうか(笑)。
時間があるときは+ドッグランで自由運動と「ボール投げ」で遊んでいます。





特にチャーリーとはなこが「ボール遊び」が大好きで飽きることがないみたいです。
おかげでこの2頭は肉球が擦れて血が出てしまいました。
ここらあたりがコンクリートの地面の欠点ですよね。
ちょっとの間「ボール遊び」はおあずけです。
























ちょっと得意げな はなこ



とにかく今は外で遊んで体力つけて、それとともに家でのトイレタイムを減らしてもらわなければ・・・

本日、空気清浄機を購入しました。

ホロ苦デビュー

  • 2007/10/15(月) 14:19:09

チビ達の散歩を開始しました。
歩いてくれないと困るということで親子4頭連れ出したらこれが大失敗。
4ワンで暴れまわって絡まってとても歩けません。
即行、ドッグランへ。
ひとしきり暴れまわって初日終了。


今日はチビ達2ワンでの散歩トライです。
家の中ではジェーンが泣き叫んでます。
チビ達はというとこれがまた大苦戦。
とにかく前後左右、好き放題に歩き回ってまっすぐ進むのにやたらと時間がかかります。
最初からこれだけ自由な奴らは今までにないパターンです。
おかげでまともに写真も取れませんでした。


感想は・・・やっぱり親犬たちの散歩の兼ね合いも合ってなかなか大変です。
まっ、そのうち落ち着いてくれるとは思いますが・・・
それまでは地道に回数をこなして・・・
僕も最近ゴハンの食べすぎなのでダイエットをかねて楽しもうということで・・・。



IMG_1827.jpg















ドッグラン楽しいな!!






IMG_1799.jpg















さすがに疲れました。

散歩デビュー近し

  • 2007/10/03(水) 15:20:58

1週間ほど前にちび達の初回3回目のワクチンを済ませました。
あと7日もすれば本格的に散歩の始まりです。
近所くらいなら散歩させても良かったのですが実はカラーとリードが準備できてなかったのです。
先日ネットで探して今日届きました。
試着?をかねてのパチリです。
リードの方は2頭引きできるタイプを購入したのですが納品までにあと10日ほどかかるみたいです。
チャーリーとジェーンはそれぞれ先代からのお下がりだったのにちび達はいきなり新品なのでヤキモチを焼いたのか、盛んにいじめていました。


こうやって散歩の準備はととのってきたのですが後はどうやって4ワンを散歩させるかが問題です。
朝は何時に起きればよいのか?残業の時は?
好きで選んだ道とはいえ微妙なプレッシャーを感じる今日この頃です。



IMG_1791.jpg























IMG_1776.jpgIMG_1783.jpg


はなこは毛の色がかなり茶色になりました。

辛いです。

  • 2007/10/01(月) 01:52:49

フーしゃんのオヤジさんに会いました。
ここ数ヶ月散歩で顔を合わせてないので心配だと先日ブログに書いた、フーしゃんという名のグレート・ピレニーズの飼い主さんです。
近くにいくまでわかりませんでした。
というのもフーではなくフレンチ・ブルを連れられているうえ、痩せて印象が違ってたからです。
フレンチ・ブルも飼われいることは以前から知ってはいましたが散歩で会ったことはありませんでした。
何かあったことは一目瞭然です。
オヤジさんが言われました「フーもとうとういなくなりました。」
7月の初め、白血病だそうです。11才。
うちの亡くなったミックとキースと同じ歳です。
「いゃあ、参りました。まだ立ち直れません。」って。
胸が締め付けられます。
そりゃそうですよね、毎日毎日、雨の日も、雪の日も、風の日も11年間朝晩連れそって歩いた愛犬ですからね。
自分も同じ経験をしてるのでかける言葉も見つかりませんでした。


僕は二頭の愛犬と別れた時にこう思いました。
こいつらはうちで暮らして幸せだったのだろうか?って。
思えば悔やまれることも沢山ありましたし。
でもその答は案外第三者の方がわかるのかも。
フーしゃんは間違いなく幸せだったと思います。


ふっ、と11年前のフーのオヤジさんの言葉を思いだしました。
「ゴールデン・レトリーバーの子犬を知人から譲ってもらったと思ってたんだけど、ある日動物病院に行った時先生からピレニーズの子犬だと言われて。それからあっという間にこんなに大きくなってしまって。ハッ、ハッ、ハッ。」
満面の笑顔で話されました。
本当にフーしゃんのことが可愛くて仕方なかったんですよね…。



IMG_1664.jpg














フーのオヤジさん。元気出して。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。