スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月24日

  • 2007/09/24(月) 04:57:28

9月24日

9月24日は初代愛犬のミックの命日です。
亡くなったのは3年前。
もう3年か、まだ3年なのか。
あの日のことは今でも鮮明に記憶しています。
それは辛い記憶です。
でもあの日、仕事を早退して帰ってきた時に嫁のひざの上に倒れこんでいたミックが顔を上げ「あぁ、帰ってきてくれたんだ。」と少し笑ったような顔をしてくれました。
結局それがミックが意識を持って僕を見てくれた最後なのですが、今でもミックのことを思い出すときに真っ先に浮かんでくるのはその時の表情なのです。



それから1年後の9月24日の朝のことでした。
いつものように僕はキースと朝の散歩に出かけました。
キースはミックより2年遅れでに我家にやってきた黒のラブラドールです。
キースがくしゃみをするので顔を見たら鼻水が出でいました。
僕は手で拭ったのですがそれは鼻水ではなく真っ赤な血でした。
キースは人間で言えば白血病のような病気に侵されました。
そして8ヵ月後の翌年の5月に天国に行きました。


9月24日はうちにとってそんな日なのです。



0002.jpg


IMG_0093.jpg

スポンサーサイト

ドッグラン

  • 2007/09/17(月) 20:31:49

我が家はペットOKの賃貸住宅です。
12戸からなる集合住宅なのですが敷地内にドッグランがあります。
もちろんここの住人専用です。
すべての世帯には犬もいませんし、利用しない人もいるので贅沢っちゃ贅沢です。
ただこのドッグランの最大の欠点は地面がコンクリートだということです。
足を痛めやすいうえに夏場は照り返しが厳しくて使えません。
また利用者にも問題有りの人達もいて(この話はまた別の機会にしますが)。
そんなこんなでここ数ヶ月使ってなかったのですが、今日は雨が降ったり止んだりの曇り空、厳しい太陽も出ていないのでチャーリーとジェーンを連れて久しぶりにドッグランで遊んでみました。

やっぱ楽しかったです!



久しぶりだぜ!ドッグラン
IMG_1679.jpg




ジェーン、ジャ~ンプ!!ナイスキャッチ!!
IMG_1695.jpg




チャーリーも負けじとジャ~ンプ!! しただけか!
IMG_1683.jpg

ちょっと嬉しいこと

  • 2007/09/07(金) 21:57:28

joss2.jpg ちょっと嬉しいことがありました。
まだそこまで知名度はないと思いますがジョス・ストーンという僕がいま一番のお気に入りのアーティストがいます。
天才女性シンガーです。
今年のフジロックにも出演したのですが、その来日と彼女の曲の「ベイビー・ベイビー・ベイビー」に合わせてウェブでこじんまりした(笑)フォト・コンテストの企画がありました。
正直、賞品も興味をひくものてはなかったのですが、審査員がジョス・ストーン本人となっていたのでそれならばということでハナコとクロスケの画像をペット部門に投稿していました。
二ヶ月くらい前の話です。
それからすっかりそのことは忘れていたのですが、昨日宅配便の不在通知表が郵便受けにありました。
送り主がレコード会社だったのでハッと思ってネットで確認したら部門賞に選ばれていたのです。
きっと応募者が少なかったんだろうなと思いました。
が、しかし、ジョスが見てくれたんだということを疑いもせずミーハーな気持ちが満たされた僕は昨日小さな喜びを感じたのでありました。


よかったら見てみてください
http://www.emimusic.jp/intl/special/0704joss_baby/

フーしゃん

  • 2007/09/03(月) 15:45:49

うちの近所にフーしゃんというなのグレートピレニーズがいます。(近所といっても飼い主さんの正確なお名前や家も知らないのですが)
我家の初代の愛犬ミック(ゴールデン)やその二つ下のキース(黒ラブ)とよく散歩の時間がかぶってたからもう13、4才になるはずです。
うちと同じで毎日欠かさず散歩をされる飼い主さんで、会ったときは軽く世間話などをしています。
犬同士はさほど仲良しというほどではなかったのですがミックが小さく感じるくらいですからうちの犬たちも一目置いていました。
やがてミックが亡くなり、キースも天国に行きました。
キースがいなくなり、その寂しい気持ちが落ち着いた頃、僕と嫁はミックとキースの遺骨のかけらを持っていつもの散歩コースを歩くことにしました。
その時フーしゃんと飼い主さんに会いました。
「あれ、キース君は?」
「キース、死んじゃったんですよ。」(不覚にも涙声になってしまいました、たぶんこの人に強がる必要はないと感じたたのでしょう。)
「病気だって聞いてたし最近見かけないから心配してたんですよ・・・。」
これが昨年の会話です。
その後チャーリーとジェーンの散歩でまた会うようになったのですが、ある時「今度はうちが泣く番ですよ。だいぶ弱くなりました。」と言われました。
以前急に足が立たなくなったりしたこともあるらしいです。


実はここ数ヶ月フーしゃんの姿を見ていません。
今年の夏は猛暑だっただけに心配です。
早くあの堂々とした歩きっぷりを見せて欲しいものです。



IMG_1644.jpg




















フーおじさんに会ってみたいなぁ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。