スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャーリーは天国へ

  • 2013/04/26(金) 02:28:37

2月22日、チャーリーは天国に行ってしまいました。

あれから2ヶ月が経ち、自分のなかのけじめとしてブログをアップしました。


チャーリーは普段からせっかちだったけどこんなに早くに別れの時がくるなんて・・・。

まだ7歳にもなってないのに。

でもチャーリーはみんなの倍くらい僕たちに絡んでいたからね。

短い間だったけど本当にありがとう。

今度は空から大黒柱としてジェーン、はなこ、くろすけを見守っていてね。


うちに来て間もない頃
IMG_0333.jpg


ジェーンとお昼寝
IMG_0408.jpg


IMG_0656.jpg

やがてお父さんになったチャーリー
IMG_1275.jpg

僕にとっては永遠に子供だけどね。ありがとね。
013.jpg

スポンサーサイト

  • 2013/01/18(金) 11:31:25

DSCF0109.jpg

今朝は久しぶりに雪が積もりました。

いつもの散歩コースもぜんぜん違った雰囲気に変身。

DSCF0107.jpg

はなこは喜んでいるというよりは困惑気味?

足が冷たくてかなわんわ、って感じかな。

DSCF0121.jpg
DSCF0130.jpg


水分が多い雪で、おまけに今日は天気も良いのでもう解けてきています。

パッと見キレイなんですが雪遊びを楽しめないタイプの雪でした。

こりゃ、夜の散歩はドロドロだな~。

謹賀新年

  • 2013/01/02(水) 01:28:40

gasi6.jpg
DSCF0054.jpg


遅ればせながら、

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。


という訳で2013年が始まりました。

今年もこの子達に癒されつつ、普通に生きていこうと思います。

(にしてもすげぇ~カメラ目線だな)

やっと

  • 2012/12/17(月) 00:38:55

やっとデジカメを買いました。

デジタル一眼とか、ミラーレス一眼(意味は知らないけど)とかを買う余裕は無く

単なるコンデジ、いわゆるデジカメです。僕にはこれで十分です。

今日は験し撮りしたのをアップしよう。

なにも変わりはなく愛犬たちも元気だし。。

DSCF0022.jpg

DSCF0029.jpg

DSCF0032.jpg

DSCF0026.jpg
以上珍しくシリアスな表情の4人衆でした。

ここからはフィルター効果を使った画像

DSCF0035.jpg
DSCF0014.jpg
なんだか犬のフィギュアみたいだな。。

DSCF0012.jpg
おっっ、いい感じ!

DSCF0010.jpg
最後はトイカメラ風でレトロなクロスケを・・

御粗末さまでした~。




一枚の写真から

  • 2012/11/16(金) 01:18:41

デジカメをぶっ壊してしまいました。

小さなバッグに入れ腰からぶら下げて車を運転し、途中コンビニに

立ち寄り用事を済ませて再び乗り込んだときにその悲劇は起こりました。

そうです。シートに座ってドアを閉めたときにカメラを思い切り挟んでしまったのです。

あわれデジカメは天国に直行です。


そもそもこのドライブの目的地は九州国立博物館でした。

DSC_0061.jpg
(スマホで撮影)

ここに、このフェルメールの「真珠の首飾りの少女」を見に行く途中でした。

20111205_2346434.jpg


やっぱり柄にも無いことはするべきではありませんね(絵画の鑑賞なんて)

僕みたいなガサツな男は犬とプロレスごっこしておけば良かったのでしょう。


という訳で新しく写真が撮れないのですが、前撮った中でいい画像がありました。

いいと言っても可愛く撮れているとか、綺麗に撮れているいるとかではありません。

なんかうまい具合に愛犬たちの性格を表しているのです。

それがこれ。

DSCF0961.jpg

これは散歩が終わって、足を拭き、掃除機をかけて、次はご飯という状況で写した写真なのですが、、

まずは左端のクロスケ。
もうカメラなんか気にしていません。頭の中はこの後のご飯のことだけの「メシ命犬」です。

真ん中は はなこです。
自己主張が強い。リーダーは私、おもちゃは誰にも渡さない。
(舌が黒いのではありません。黒いコングを咥えています。)

右がジェーン。
いつもマイペースの脱力犬。大事なところは隠して得意のポーズを決めています。

そして後ろでひっそりお座りをしているのがこの一家の主であるはずのチャーリーです。
しかし、その座も、おもちゃもはなこに奪われています。
悔しくてたまらないのですが、あえて後ろに引くことによって器の大きな男を演出しているのでしょう。

いやぁ~、人間社会と同じで親父というものはなかなか辛いものですなー。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。